ごあいさつ

代表: 小山 昇

代表取締役社長; 小山 昇

エンネット (EnNet) は、元国立大学教授が代表を務める企業であり、研究員も主に研究室所属の旧メンバーで構成されており、これまで培った、産学官の諸機関との共同研究、委託研究、学会交流活動が継続されています。

特に、大きな広がりを見せているリチウムイオン二次電池 (LIB) の構成材料の評価・開発はもちろんのこと、電池の健康状態の把握や安全性の確保のための新しい診断装置の開発・製品化を行っています。新規に開発した高速交流インピーダンス測定法により、電池やそのモジュールの委託評価、データベース化、諸特性の 3 次元表示のサービスなどを提供します。

40 年以上の国内外での研究活動で培った電気化学に関する深い見識を継承し、各種電気化学デバイスに関する研究・技術開発のコンサルティングを行います。

こうした活動を通じて、電気自動車や定置型蓄電池が広く普及した低炭素化社会の実現に貢献したいと考えています。

エンネット(株)の固有の強み

  1. 電池、および電気化学に関する高度な基礎知識・知見を有する。
  2. 電気化学デバイス、および電池の試作・評価・解析技術およびその設備を有する。
    30 年以上にわたる LIB の研究をベースに、自前で評価用電池を試作し、解析評価できる科学、技術、設備、能力、さらには人材を備えている。
ラボ

ラボでのリチウムイオン二次電池の評価